about

山好きの両親のもとに生まれ、ヨチヨチ歩けるようになった頃から登山している私。

標高2000mの日帰り登山を自力でこなせるようになったのは小学校へ上がったすぐのこと。
その年のゴールデンウィークに檜洞丸へ登りました。
シロヤシオの朱色とトウゴクミツバツツジの蛍光ピンクが美しい丹沢の山です。
足が届くかわからない丸太のハシゴに足が震え、山頂へ続く木道で膝が震えていました。
どうにか到着した山頂はお弁当を広げる年配の方でいっぱい!

その中の一人の方が「どうしてこんなところにこんな小さい子がいるの?!可愛い!」と驚いていました。
私は(山にいる私って可愛いんだ。)と完全に思い込み、
それ以来、山へ身に付けて行くためのアクセサリーを自作するようになりました。

山ガールが増えたことで登山ウエアのデザインも機能も充実し
当時とは比べ物にならないくらい快適に山を楽しめるようになりました。

でも、せっかくならアクセサリーも山に適したものを身に付けてほしい…
そう思って今までの経験を生かしたブランドを立ち上げました。

足元が安定しない鎖場でも次の一歩が踏み出せるようお守りに。そして白山の登りのように歩いても歩いても山頂へ辿り着けない長い道のりの励ましになってほしいと願っています。